G-ZCQLYZLZMR

cma-japan

不動産投資クラファン比較とランキング

不動産投資クラファン想定利回り(年利)ランキングと評判

専門知識がいらず、ほったらかし運用で高い利回りが見込める不動産投資クラファンですが、「利回り」はファンド毎に様々。儲かる不動産投資クラファンがどこなのか?気になるところですね。そこで不動産投資クラファン12社の利回りをランキングしました。
COZUCHI

年利18%のファンドも!COZUCHIリセールファンドのメリット・デメリット

『COZUCHI』がリセールファンドの募集を6月13日19時に開始します。募集は中長期運用型3本と短期運用型2本の計5本。このうち年利18.0%の高利回りファンドもある短期運用型2本の特徴とメリット・デメリットについて詳しく説明します。
その他の不動産投資クラファン

年利10.0%!汐留ファンディング12号のメリットとデメリット

『汐留ファンディング』が12号ファンドの募集を6月12日12時30分に開始します。東京都墨田区の駅チカ戸建用地でキャピタルゲインを狙うプロジェクトへの投資です。12ヵ月の運用で年利10.0%を予定。メリットとデメリットを詳しく説明します。
不動産投資クラファン比較とランキング

不動産投資クラウドファンディング12社比較!メリット・デメリットとおすすめランキング

1万円~10万円の少額での不動産投資が可能な不動産投資クラウドファンディング。『TECROWD』のように実質平均利回りが年利12%近いファンドもあります。不動産投資クラファン12社を比較してメリット・デメリットとランキングをまとめました。
TECROWD

年利10.8%!TECROWD63号ファンド(スリランカホテルプロジェクト)のメリットとデメリット

『TECROWD』が「62号ファンド」の一般募集を6月13日18時に開始します。スリランカのバンダラナイケ国際空港直結ホテル・プロジェクトへの投資です。35ヵ月の運用で年利10.8%を予定。メリットとデメリットについて詳しく説明します。
COZUCHI

年利7.5%!COZUCHIの「中央区銀座商業ビルⅡ」

『COZUCHI』が「中央区銀座商業ビルⅡ」のチャレンジポイント募集を5月27日19時に開始します。ビル1棟を取得・バリューアップしてキャピタルゲインを狙います。12ヶ月間の運用で年利7.5%を予定。メリットとデメリットを詳しく説明します。
その他の不動産投資クラファン

年利5.5%!TSON FUNDINGの「AI勝率一番180」6号のメリットとデメリット

『TSON FUNDING』が「AI勝率一番180」6号の募集を5月20日20時に開始します。不動産AI「勝率一番」を活用し選定した立地の戸建2棟を投資対象とし、6ヶ月の運用で年利5.5%を予定。メリットとデメリットを詳しく説明します。
その他の不動産投資クラファン

年利6.0%!都心区分マンションに投資するRe:Vest 第2号ファンドのメリットとデメリット

『Re:Vest』が「第2号ファンド」の募集を5月8日12時に開始しました。東京都新宿区に所在する賃貸マンションの1区画を投資対象とし、12ヵ月の運用で年利6.0%のハイリターンを予定。メリットとデメリットを詳しく説明します。
COZUCHI

年利5.0%!COZUCHI「渋谷区初台1棟マンション」ファンドのメリットとデメリット

『COZUCHI』が新ファンド「渋谷区初台1棟マンション」の募集を5月5日19時に開始します。都内の賃貸マンションをバリューアップしてキャピタルゲインを狙います。14ヶ月の運用で年利5.0%を予定。メリットとデメリットを詳しく説明します。
COZUCHI

年利4.0%!COZUCHI「南青山開発プロジェクト フェーズ1 追加取得」のメリットとデメリット

『COZUCHI』が新ファンドの募集を4月9日19時に開始しました。保有している土地の隣地を取得し、取得済みの土地と一体でビルを開発しキャピタルゲインを狙います。10ヶ月の運用で年利4.0%を予定。メリットとデメリットを詳しく説明します。